賃貸経営プロデューサー エネット

Read Article

相続対策

『賃貸経営プロデューサー エネット』の
相続対策

賃貸住宅を建設するだけで相続対策は万全?

賃貸住宅を建設することによる相続税対策のメリット

現金⇒相続税評価額はそのまま

建物⇒相続税評価額6割引

土地⇒相続税評価額2割引

借金⇒相続財産から差し引く

土地を更地にしておくより、現金を賃貸住宅に変えることにより、相続税評価額が減額され相続税対策となります。

借金をして賃貸住宅を建築するべきか?

借金は、そのまま相続財産から差し引かれますので、相続税評価額は変わりは無く、借金をすること自体が相続対策にはなりません。
では、借金をしてまで建築するべきか?ですが、正解であり、不正解であるといえます。
現金が十分にある場合には有効な相続税対策となりますが、借金をする場合には返済等のリスクを考慮する必要があります。

賃貸住宅を建設することによる相続税対策のリスク

空室による返済計画の乱れ

賃貸住宅建築による資産価値の減少=相続対策

相続税の納付資金の不足

結果的にきちんと相続対策となるのかの見極めが重要

賃貸住宅を建築するかの判断はもちろんですが、その後賃貸物件の運用も大事なポイントとなります。
『賃貸経営プロデューサー エネット』では、資産状況にあったご提案をいたします。
まずはご相談ください。

ご相談・お問い合わせ
『賃貸経営プロデューサー エネット』 への
ご相談・お問い合わせは無料です。

相続対策に関すること、どんなご相談でも承ります。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0564-65-7180
※受付時間は9:30~18:30までとなっております。

サイトからお問い合わせ

お問い合わせ

Return Top